TOP■つれづれ■ ≫ 時間が解決するとはよくいうが…

時間が解決するとはよくいうが…

嫌なことって早く記憶から消したいとは思いますが
消えてくれないものですよね






あとで笑い話になればいいねとかよく言うけど
嫌な思い出って何年たっても嫌な思い出のままですね
子供の頃の嫌な思い出すら
全く笑い話にならないです。

自分が失敗した話とかは後で笑い話になったりもするけど
人からされたこと、自分が不当な扱いをされたこと
いつまでたっても苦々しいし嫌な記憶は多分何年たっても嫌な思い出で
苦々しい気持ちになってしまうんだろうなって思います。

ただ思い出す頻度は減っていくけどね。
昔なにかの本で読んだのかテレビでみたのか漫画でよんだのかわすれたけど
心が受けた傷は絶対治らないで血を流し続けるけど
時間が立つと痛みを感じなくなるだけだ
というような内容をみて妙に納得したことがあります。

ざっくりされた傷からは今でも血は流れているんだろうし
どんなに古い傷も時々ズキズキするのだろうとおもいます。
だから長く生きてると傷だらけよね…

友達が30代なんて生きてるだけでつらいわ
と名言を言いましたが
まさにその通りなんだとおもう。

といっても別に死にたいわけじゃないし
毎日思い出してはクソ!と思ってるわけじゃないですけどね。
思い出す頻度はまぁ時間が経てば減っていきます。

わたしの場合1年が一つの目安になるとおもいます
「去年の今頃は~」って考える事が多いからです。
まぁ前回のブラック太陽光企業に関しては
去年1年辛かったのでまだまだ時間がかかると思いますが
今は「去年の今頃よりは今マシよね」と思ってるので
少しづつですが癒えてる気もします。

支店がなくなってやめざるを得なくなる
ってことは結構世間ではあるのかなぁと思うのに
なんでこんなに腹が立ったのかすごく考えてたんだけど
やっぱり会社の対応がクソだったってのが一番なんだなとおもう。

支店の閉店作業全部私一人におしつけといて
やめざるを得ない状況にしといて
「パワハラされたっていっても証拠がないからね~」とか
「もっとりりさんと働きたかったのに~」とか
「会社はつぶれないのに千葉にいけばよかったのに」とか
「ここでの経験を糧にしてね~」とか
「その歳じゃ仕事ないとおもうけど~」
ヘラヘラしながら言われたのが異常に腹が立ったんだと思う。

何だこいつら!って怒りが沸点に達してほんとに
「クソが!さわんな!はなしかけんな!!!!」
って言ってパワハラを録音したデータを投げつけてやりたかったのに
言わずに無理やり飲み込んだからちょっと長く引きずったのかと思います。
(まぁ大人の対応しすぎたわ…)

本当に広島支店閉鎖になってしまって申し訳ない。
閉店作業させて申し訳ない。

って姿勢がちょっとでもあれば少し気持ちよくやめられたかもしれない。

まぁ縁が切れて良かった!って思うようにしよう
って無理やり怒りを抑えてる状態が暫くつづいてて
最近やっと…少し怒る時間が減ってきたかもしれません。
周りの友達もいつまでも私の愚痴をきかされても嫌だろうとおもって
最近は意図的にこのことについて話さないようにしてるけど
どうやったら早く忘れられるんだろうなぁと
なんでこんなに私は怒ってるんだろうなぁとちょっと分析してみたところです。
早く怒りの感情は手放してしまいたいですが
もうしばらくかかりそうです。

私は前の会社の人間とは退職後一切関わり合いになりたくないので
全員連絡先を消しましたしフェイスブックも退会しました。
勝手にツイッターを見てる人がいるみたいですが気持ち悪いとおもってます。

前の会社にいた人たちはものすごく人の幸せを妬む人ばかりだったので
(男も女も)
会社をやめた人間は根性がないだけだ
不幸になれ!って平気で朝礼でいうような会社なので
退職後すぐ就職できて給料あがって幸せに楽しく暮らしてることを
知られたくないんですよね(笑)
だからサクサク次のしごとが決まってたんだけど誰にも言わずに退職したのですw
いらない嫉妬を買いたくないからです。

新しい環境でも色々あるけども
悪意のある人がいないのが一番ありがたいです。
前の会社いい人のふりして悪意ある人しかいなかったから疲れたんだ…と
今更気づいたのでした。

なんでこんなこと言われるのだろうかとか
色々悩みましたが
少し答えが出た気がしました。
脳で理解すればストレスは少し減るもんだとおもいます。

私が悪いところもあると思いますが
色んな人に「大変だったね」って声かけてもらって
一緒に怒ってもらって
やめた直後は全く余裕がなかったのでうまく返事できてないところもありますが
すごく救われました。
今更ですがありがとうございます。

泣きながら職安に行ったときに(大迷惑)
対応してくれた窓口の人もほんと優しかったし。
世の中は捨てたもんじゃないと思えただけで今回のことも意味があったかもしれません(^_^;)

こう思うようにしよう!っていうのが
ほんとに自然に思えるようになっていけばいいとおもいます。
関連記事
スポンサーサイト
■つれづれ■ | Comments (-) | Trackbacks (-)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
3位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター