TOP■ひとりぐらし■ ≫ オスバン(逆性石鹸)

オスバン(逆性石鹸)

fc2_2014-02-12_17-33-58-099.jpg
オスバン(商品名)
正しくは「塩化ベンザルコニウム」です。

衣類の消臭殺菌に使えるみたいなので
買ってみました。

にしても使い方が分からなかったので
塩化ベンザルコニウムについて
調べてみました

いろいろ調べた結果
間違った情報も出回ってるみたいなので
まとめておこうと思います。

まずは「逆性石鹸」という名前なんですが

石鹸の逆の働きをする=逆性石鹸です。
なので洗浄効果はありません
石鹸と一緒に使うとお互いの効果が相殺されて弱まります。
(洗浄もできないし殺菌もできない)

なので「逆性石鹸で洗う」は間違いです
洗えません。汚れは落ちません。

洗剤や石鹸→陰イオン
リンス、柔軟剤、オスバン(逆性石鹸)→陽イオン

逆性石鹸で洗う=洗剤入れないで柔軟剤だけ使う、シャンプーしないでリンスだけ使う
みたいなことなので
こういえば洗浄効果がないことが分かってもらえるかも。

なぜオスバンの殺菌の仕組みは
洗剤で洗った後の洗濯物はマイナスに帯電してるので
そこでプラスのオスバンを使うと
マイナスに帯電した洗濯物に取りついて
細菌の細胞膜表面のタンパク質を変性させて活性を失わせるため
殺菌できるということです。

オスバンの説明書を読むと傷口の消毒ともあるけど
タンパク質を破壊するので
皮膚が破壊されるような気がするんですけど…
私には怖くて肌には使えない代物です。
お肌の良い常在菌まで殺してしまいそうですしね。

さてこのオスバン
じゃぁ一体なんにつかうのか
ということなんですが

・食器類の殺菌
・衣類の殺菌、消臭

などに使えるようです

ネットにはいろんな説がありますが
今までの説明からすると
洗浄前より
洗浄後に使用するのが正しいと思います。
「リンス」だとおもってもらえばいいです。

洗濯だと柔軟剤の代わりにオスバンって感じでしょうか。
香りもつけたい場合は洗剤→オスバン→柔軟剤
だとおもいます。(柔軟剤の効果が弱まる気もする)

まぁ「くっさいタオルが一発で無臭になった!」
「加齢臭まみれの枕カバーが無臭に!」
という口コミもあるので
部屋干しの臭いが気になる方は一度ためしてみるといいかとおもいます。
あ、でも大事な衣類には使わないでくださいね。
色抜けたり生地が傷んだりするかもですし…。
私はタオルに使おうと思いますよ。

ドラム式でキャップ5杯ぐらいを
柔軟剤投入口に入れるといいみたいです。

ちなみに殺菌消毒といっても
ウイルス全般と結核菌には効果なしです。

ノロウィルスは次亜塩素酸じゃないと死にません。
ハイターやピューラックスですね。

関連記事
スポンサーサイト
■ひとりぐらし■ | Comments (-) | Trackbacks (-)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
3位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
カウンター