TOP■本■ ≫ ゆれるあなたに贈る言葉

ゆれるあなたに贈る言葉


ゆれるあなたに贈る言葉

著者はあの「プロジェクトX」のプロデューサー

まぁゆれまくりなんで
タイトルだけでも読みたくなったんですが


目次はこんなかんじw

まぁ全面的にそうだな!とも思えない部分もあるけど

下手な自己啓発本よりも
よっぽど説得力があるし

実際に理不尽な処遇をうけたり
ゴミのような人間をみたり
酷いパワハラ上司にであったり
してるから書けたんだなという感じ

私も職場でゴミみたいな人にパワハラを受けて悩んで
いろんな本を読みましたが

「まずは自分が変わってみましょう」とか
「無視されてもこちらから明るく挨拶を」とか
そんな本ばかりです。

そういうのすら通じないこの著書でいうところの
「悪魔のような上司」
って実際いるんですよ。

「まずは自分がかわらなくちゃ」とか人に平気で言える人って
人間の形をした悪魔にあった事はないんでしょうねぇ。
中身に心がはいっていない人っているんですよ。

そんな人にどんなに自分が心をいれかえて接してもダメです。
ただただ消耗しただけでした。

本書には「逃げろ」って書いてあったwwwwwww
「悪魔とは、あなたの心を滅ぼす可能性をもった人間だから」だそうだwww

移動とか転職で多少の不利益をこうむっても
心を破壊されるよりマシ

会社は守ってくれないって所もすごい納得。
部下より上司である人間のほうが貢献度が大きいとみなしている。

事態が表に出ないように策を弄する。
被害にあった社員に我慢を強いる。
問題を先送りにする。

↑これ全部私が会社にやられた対応wwwww

それに「悪魔のような上司」は自分より上のもんには
すごいゴマをするので
さらに上からみても自分には害がないわけだから
末端社員なんてたすけてくれないよなぁ。

たとえばあと1週間我慢すればとか
あと3ヶ月我慢すればとか
終わりがあるならいいけど

ここに居る限り終わらないってことになると
逃げるに限るなとおもった。

というか逃げではないけどね。
「戦略的撤退」であります。
これ以上このままここに居てもどんどん被害が広がるだけなんよね。

でかい会社なら「異動願」とかあるんだけどなぁ。
まぁN○Kもひどかったんすね。と
本書を読んで思いました。

関係ないけど最近は「逃げろ」と書いてる人も増えてきました。
「あなたが変われば」とか「我慢して」とかって

まじめな人ほど
「逃げてはいけない」「逃げるのは悪」「負け」とかおもっちゃって
心を蝕む原因になっちゃうんですよね。

努力しないで逃げちゃうのはダメかなとおもうけど
やるだけやってダメなら

「逃げたっていい」
「他にも場所がある」

って退路をつくっとかないと
煮詰まっちゃうよ。

気持ちいいほどに「逃げろ!」って書いてあったので
なんかスカッとしましたわw

ゴミとまともにやりあっても時間の無駄なんだよね。

気づくのが遅すぎた。
関連記事
スポンサーサイト
■本■ | Comments (-) | Trackbacks (-)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
5位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
カウンター