FC2ブログ
TOP■思った事■ ≫ 何かを思い詰めるようなタイプではなかった

何かを思い詰めるようなタイプではなかった

「何かを思い詰めるようなタイプではなかった」
=「思い詰めている事を全く表に出さないタイプ」

ではないだろうか。

とおもった。

本当に死ぬほど辛くても
一切外に出さない人もいるんだよね。
あまり辛そうに見えない人とか。

責任感が強い人ほど「大丈夫」と周りに言ってしまうし
自分にすら「大丈夫」とウソをついてしまうことが多い。
ひとりで抱え込む人って世の中かなり居ると思う。

悩みが解消できず堂々巡りでずっと同じ事を頭で考えてたりするけど
何度も同じ事を友達に相談するのも悪いなぁ…とおもって
友達の前では解決したフリをしてみたり…。
こんなこと言ったら変におもわれそう…って相談しなかったり。

最近はうつ病や心の病気というものも社会に認知されつつあるし
そういう病院やカウンセラーの人数も増えてきてると思う。
友達にも家族にも誰にも話せなくてひとりで抱えてツラすぎるなら
お金を払ってでもカウンセラーに聞いてもらうべきだとおもう。
誰にも話す人が居ないってますます追い詰められるより
いざとなれば聴いてくれる人がいるっておもうだけで
ちょっとだけ楽になるかもしれない。

頑張るのがツライときってあると思う。
そういうときは頑張れって言われるのがツライし
周りの人が普通にこなしてる(ように見える)ことが
どうしても自分にはできなかったり
できない自分に腹がたったり
頑張れない自分にどんどん自信がなくなったり嫌になったり。

私も前の会社辞めるときは少しウツ気味だったとおもう。
最後のほうは「笑顔ってどうやってつくるんだっけ?」とか思ってた時期もあります。
そんなこと考える時点で危ないんですけど。
ホントに考えて作ろうと思っても笑顔になれない時期がしばらくありました。

朝9時から深夜1時、2時まで毎日働いて。
夜10時ぐらいに帰ろうとおもったら「もう帰るの?」とか言われて。
朝5時まで働いても朝9時から出てくる人とかもいて
どうしてその人みたいに働けないの?って言われ続けたし
自分でもなんでできないんだろうって落ち込んでた。

今考えるとアホな話です。
できるわけねーだろ!って話ですよ。
ブラック会社じゃないですか。
外から見たらそうなんですよ。
でも当時は本気で悩んでたし
押し切って夜10時に帰るでしょ
家に帰ったら「あぁ早く帰ってしまった…なんて無責任なんだろう」って
また眠れないし。。
できない自分はダメ人間だと責め続けてたし…。

会社辞める時には
「こんなことで辞めるようじゃどこいってもやとってくれんぞ」
とか呪いのような捨て台詞はかれましたしね。

親にも友達にも相談してなかったので
そこそこ名前のアル会社だったので
散々周りにも「もったいない!そんなことで辞めるなんて!」と
いわれまくりました。

でも周りの反対を押し切って辞めました。
あのまま会社辞めなかったら死んでたなぁって
ホントに今でも身震いしますよ。

その後再就職して呪いの言葉をうちやぶって
少しづつ自信回復してったわけですが。
(就職活動で引く手あまただったので自信回復した)
あんとき転機だったなぁ…と思うんですホント。

人から見て幸せそうとか、勿体無いとか
そういうのって関係ないんですよね。

ここで一生働くしかない…とがんじがらめになってたときは
本当に辛かった。
辞めてもいいんだ、別のところで働いてもいいんだ。
って気付いたときは本当に心が軽くなりました。

自殺のニュースをみるといつもおもうんです。
一歩間違ったら私も死んでいたかも…って。
そして怖くなるんです。

だから絶対誰かに相談してほしいし
逃げ道や抜け道や他のやり方はたくさんあるはず。
「一生これしかない」って決めないで
最後まであがいて欲しい。
逃げ出したっていいし、無責任にほうりなげたっていいってぐらいに
思っておかないと。(実際やらないにしてもね)

真相はわかりませんしその人がドレだかつらいかなんて
他人の私には到底理解できない部分なので無責任なことは言えないのですが。

歳の近い方が立て続けに自殺で亡くなっているので
同世代としてホント悲しいというか。
複雑な気持ちなんです。
関連記事
スポンサーサイト



■思った事■ | Comments (-) | Trackbacks (-)
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
14位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター