FC2ブログ
TOP■てれび■ ≫ 篤姫 最終回 一本の道

篤姫 最終回 一本の道

篤姫最終回よかったです。

今まで1年間篤姫をみてきて感じたのは
篤姫の強い愛でした。

女性として家定を愛する愛。
家族に対する愛。
大切な人達に対する愛。

女性として篤姫をみていて
あぁ御台所になるといっても普通の女の子だなと感じるところもあり
女性が自由にならない時代に窮屈に生きていたわけではなく
自分の思うままに素直に曇りのない心で一本道を歩いていく強さって素敵だなとおもいました。

自分の思うままに素直に生きるって
簡単なようでものすごく大変なことなんだとおもいます。
自分の日常をふりかえっただけでも
思うまま素直に行動するって難しいし。

篤姫は謙虚であり、かといって自分を卑下することもなく常に自信に満ちており。
自分より他人のことを考える人でした。

現代でも他人を蹴落とし
無理矢理自分の行動を正当化して理由を後付けして生きている人はたくさんいるとおもいますが
篤姫は納得して自分が正しいと信じた道でないと一歩も進みませんでした。
あとからごちゃごちゃ言い訳することは一切なかったです。

そして取った行動について
「これでよかったのだろうか…」「わたしでよかったのだろうか…」と考えることなく
常に堂々としていました。
これでよかったのだろうか…と迷ったのは
大奥を閉じるときのただ1回だとおもいます。
そんな篤姫だから家定が「間違ってないよ」って背中を押してくれたんだとおもいます。

その潔さ=強さにつながっているのだとおもいます。

地位や名誉、財産に執着する人はたくさんいます。
でも本当に大切なものは
大切な人に囲まれた穏やかな生活であると篤姫はいいました。
それに気づける人が世の中どれほどいるだろう。
心からそう思えることも強さだと思いました。

篤姫は遠い人ではなくて
心がけ次第で女性はだれでも篤姫のように強くなれるのではないかと
すごく思います。

私も篤姫のように強くありたいし凛としていたい。
そして大切な人を守っていけるように強くなりたいとおもいました。

そして今この場所にこの時に生きていられることに感謝しようとおもいました。
わたしも天命をもって生まれてきたのなら
その天命を成し遂げて死ねたら。とおもいます。

そんな小さな強さを私にくれた篤姫に心から感謝します。
ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト



Comment










Trackback

Trackback URL

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
9位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター